おすすめペット用品をまとめています!

子犬と間違われるほど小さい大型犬でも、それもまた個性

みみパパ

こんにちは、みみパパです👦🏻

先日、ラブラドール・レトリーバーを飼っているご家族とお会いしたのですが、

かわいいですね、何か月ですか?

…と聞かれて苦笑してしまいました😅

相手の子は30キロほどあったので、みみ(20キロ)は確かに子犬のように見えたと思います。

でも、みみはもう1歳半

これ以上、体が大きくなることはありません。

というわけで今回は、ラブラドールとしては小型なみみについて悩んだ日々を振り返ってみようと思います。

この記事はこんな人にオススメ!
  • わんちゃんの体が小さくて不安な人
  • わんちゃんの体重が増えなくて不安な人
  • みみのかわいい写真を見たい人
私は小柄よ!
もくじ

底なしの食欲と増えない体重

何かあればすぐにインターネットで検索をするのが現代人というもの。

ご多分に漏れず、私もラブラドールを迎えるにあたって色々と情報収集をしていました。

そこで得たのは、女の子は27~32キロくらいになるという情報

また、Twitter等SNSの巡回で、同じくらいの月齢の子の体重も知ることができました。

しかし、こうしたいわゆる「情報先行」によって、僕は当然のように30キロくらいまで成長すると考えてしまったのです。

みみを迎えて数か月。

同じ月齢の子よりみみの成長は少し遅いのかな?と感じ、私はパピーフードを少し多めにあげてしまっていました。

ご存知のとおり、ラブラドールは食欲旺盛な犬種です。

みみも、ごはんとなれば一瞬でペロリです。

これだけ食べるのだから食べさせすぎていることもないだろうと考えていたのです。

でもやっぱり体重はなかなか増えていきません。

そんなある日、膀胱炎の治療のため通院していた動物病院でのこと。

獣医さん

みちゃん、ちょっと太ってきてますね~。パピーフードはもう卒業していいですよ。

みみパパ&ママ

え、でもまだ21キロですけど…

獣医さん

この子はもうこれ以上大きくならないと思いますよ。ラブちゃんにしては小さいですが、全然問題ありません。最近小柄なラブちゃんが増えてるんですよね。

というわけで、この日からみみはパピーフード(高カロリー)から成犬用フードに切り替え、ダイエット生活を始めることになりました。

このときまだ生後9か月

パピーフードの卒業時期は大型犬で18ヶ月程度と言われており、9ヶ月で切り替えるのはかなり早いほうかと思います。

でも、健康に大事なのは「体重」という絶対値ではなく、そのわんちゃんの体格も考慮する必要があります。

獣医さんは、みみへの触診と私たちへの問診で、みみはこの大きさで全く問題ないと判断してくれました。

もしネットの情報を鵜呑みにしていたら、体重が増えないことを病気だと思ってしまっていたかもしれません。

※ちなみに、みみの血液検査は全くの異常なしです😌

遺伝というわけでもなさそう

小さいかどうかって遺伝で決まるんじゃないの?みみちゃんの両親が小さいだけでは?

みみパパ&ママ

実は、そういうわけでもなさそうなんです。

みみちゃんは、ブリーダーさんのところからやってきました。

直接みみの両親を見ることはできませんでしたが、両親とも特別小さいというわけではないそうです。

また、みみの兄弟のうち2匹については私たちがYoutubeでみみのことを発信していることからご縁があり、情報を少し知ることができています。

男の子と女の子の兄弟なのですが、どちらもみみより大きく、体重でいえば30キロ級なので、みみの体の小ささは遺伝ではなさそうなんです。

小さいメリットを考えてみよう

体の大きさは個性だから、他と比べても仕方がないものです。

とはいっても気になってしまうのが人間というもの。

そんなときは、小さいからこそのメリットを考えてみるといいかもしれません(笑)

メリット①食費が浮く

まず、普通のラブちゃんより食費が少なくて済みます。

体が小さければそのぶん基礎代謝も低いし、消費エネルギーも少ないから当然ですね。

メリット②制御しやすい

大型犬を散歩していると怖がられることも多いと思います。

特にわんちゃんがちょっと興奮状態になってしまったら一大事。

でも小さい子なら比較的制御がしやすいです。

いざとなったときに抱っこするのも少し楽なはずです。

実際に私たちはお散歩中の非常事態にはよくみみを抱っこして走っています😅

メリット③関節や腰の負担が少ない

大型犬の宿命ですが、関節や腰の負担から老いが加速することがよくあるそうです。

こうした問題にはダイエットが重要と考えられていますが、体重が少なければそもそものリスクも低い(はず)です。

もちろん気を付けるに越したことはありませんが、少し気は楽になります。

メリット④中型犬用グッズが使える

世の中には、なぜか小型犬・中型犬用のグッズがたくさんあり、色やデザインなども豊富なのですが、大型犬はとても限定的です💦

中型犬の定義は、25kg未満のわんちゃん。

20kgのみみちゃんは余裕で中型犬のグッズを使うことができます♪

実際、みみが使用しているベッドやハーネス、レインコートなどは全て中型犬用です😊

実は大きくなることを見越して大型犬用のものを購入していたものもあったのですが、成長が止まったので、ブカブカ。

結果的に買い直す羽目になったグッズも多いのですが、それもまた思い出です(笑)

体は小さくても私たちにとっては大きな存在

まとまりがない文章になってしまいましたが、今回書きたかったのは、つまり「体が小さいのも個性」ということです。

わんちゃんの体について不安に思うことは多々あると思います。

そんなときネット上の情報だけを信じてしまうのでなく、信頼できる獣医さんに相談してみるのがやっぱり一番です。

少なくともわが家では、獣医さんのひとことがきっかけでみみの体の大きさに悩むことはほとんどなくなり、個性のひとつとして向き合うことができたのかなと思います。

大型犬というより中型犬サイズなラブラドールみみちゃんとの生活は、僕が思い描いていた大型犬との生活と少し違うとこともありますが、そんな些細なことは関係ないくらい充実した幸せなものです。

これからもこの幸せを噛みしめながら毎日を送っていこうと思います☺️

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

- NEWS -

\公式LINEスタンプができました/

ふだんの生活でよく使う言葉はもちろん、
「おやすみみ」や「どゆこと?」といった名言(迷言?)も収録しました。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ミニラブみみちゃん小柄で可愛くて健康面は何の問題も無いと思います
    北海道でレトリバー6頭飼いの「りんご」さんちの黒ラブ「リップ」ちゃんも小柄ですが同胎兄弟の「坊っちゃん」と「元気」君は一般的な大きさです
    健康面も全く何の問題なし兄弟にひけを取らず元気に愛嬌振りまいています
    小柄で少し大人しい性格ですが個性の範囲内 飼い主のりんごさんリップはミニラブだと自慢してます(笑)
    この子達が産まれるずっと前からのベテランレト飼いなので大きさについては心配する必要は全く無いと思います
    参考までにめんこいりったんのブログはこちらです https://blog.goo.ne.jp/ringoandinu

    ついでにワシのブログも(笑) https://fukuraix3.blog.fc2.com/

    • T谷先生、コメントありがとうございます(^^)
      りんごさんのブログ、拝見させていただきました!6頭飼い、賑やかで楽しそうですね。
      みみの小ささ、安心しました。ありがとうございます!
      T谷先生のブログも、たまにお邪魔しますね(^^)b
      これからもどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントする

もくじ
TOP
もくじ
閉じる